「私のシミを薄くする対策法」

私は顔のシミに悩んでいました。

去年の9月に両眼の白内障の手術をしたのですが、その手術が終わったら眼が良く見えるようになったことで

今まで見えなかった自分の顔のシミがとても気になるようになったのです。

白内障の手術をする前は視力も低下していたので、自分の顔のシミも見えなかったのですが視力が戻ったら

「いつの間に私の顔にこんなにたくさんのシミができていたの?!」

と思うほどでした。

ショックを受けましたが

「自分のことだし、何とかしなくちゃ!」

と思いました。

それで以前、友人が

「私の知人がヨーグルトの上澄みを肌に塗っている人がいるんだけど、その人の肌が綺麗なのよ」

と言っていたことを思い出しました。

それで、私もヨーグルトの上澄みを顔に塗ってみることにしました。

あとは我が家では毎日糠漬けを食べているのですが、糠漬けに使っている糠床をほんの少しと重曹・酒粕とヨーグルトを混ぜて

一週間に二回くらいのペースでパックをすることにしました。

重曹は毛穴の汚れを取るのに良いと聞いたことがあったのと、酒粕は肌が綺麗になると聞いたことがあったので、

この二つを混ぜて使ってみることに決めたのです。

「お酒を作っている杜氏の手は綺麗だ。それは毎日、お酒に触れているからだろう」

ということをずっと前にテレビで放送しているのを聞いたことがありました。

酒粕は身体にも良いと言われているし、

「発酵食品は積極的に食べるべき」

と言われているので、

「それならば顔にパックとして使っても良いかな?」

と思ったことがきっかけでした。

ヨーグルトの上澄みを顔に塗ったり、糠床の糠・重曹・酒粕とヨーグルトを混ぜたパックを週に二回くらい続けるようになって

三ヶ月くらい過ぎましたが、

「肌が綺麗になった」

と言われています。

シミが薄くなったりというところまではいきませんが、

「肌が健やかな状態に見える」

と言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です